健康保険について

あなたが、包茎手術の傷跡を目立たせないために、包茎クリニックで治療した場合、健康保険は適用されず、すべて自腹になります。

それにたいして、泌尿器科で治療した場合は、健康保険が使える場合があります。

そのなかで、保険適応になるのは、真性とカントンと診断されたときです。
真性包茎は、感染症の原因になりやすく、カントン包茎は、亀頭の壊死につながります。

このような医療上の大きなリスクにつながると泌尿器科で診断された場合のみ、保険険適応で治療を行うことができます。

まずは、下記の表をご確認下さい。

泌尿器科の場合

症状 保険適用有無
仮性 ×
真性
カントン

※仮性包茎と診断されると、健康保険が適用されません。
自分では真性だと思っていても、医師の判断で重度の仮性と言われる場合もあります。

包茎クリニックの場合

症状 保険適用有無
仮性 ×
真性 ×
カントン ×

※包茎クリニックのサービスは、すべて自費治療になり、保険診療ではありません。

泌尿器科で保険適用になったときの平均費用は?
包茎手術で安い料金は存在しない?

治療費用

泌尿器科で保険診療を行う場合、包茎手術自体の料金は総額20,000円から。
3割負担の場合、自己負担額は7,000円ほどになります。

術後のアフターケアは別途費用が掛かります。

ただし、一般の病院ですので、待ち時間は長く、美容面のフォローは一切ありません。
術後にツートンカラーや、亀頭付近で包皮が余ってしまうペリカン変形など、気になる点があっても、修正なんてもってのほかです。
クレームを言っても、関係ありませんと冷たくあしらわれてしまうでしょう。

また、泌尿器科を受診しても、包茎手術の適応にするかどうかは医師の判断になります。

「どうしても!」と伝えても、病院の方針や医師個人の考え方から「よく洗えば、切る必要なし!」と判断されてしまえば、診察待ち損、初診料の払い損になってしまいます。

泌尿器科の包茎手術は、健康保険が使えてお得というイメージがありますが、必ずしもそうはならないケースもありますので、まずは包茎クリニックの無料カウンセリングを受ける人も多いようです。

包茎クリニックは自費診療。注意したい3つのポイントとは

美容まで考慮してくれる包茎クリニックで治療する場合、自費診療になります。
どの切り方をしてもだいたい10万円前後の基本料金+オプション料金になることが多いと思います。

たとえば、V字小帯温存法という裏筋の性感帯を残す方式。
魅力的に聞こえますが、たいていオプションになっていて、5万~8万円の料金が加算されます。
もちろん、保険は適用されません。

包茎クリニックでの支払いは、現金一括のところからローン払いできるところまで様々。
ローンの金利は通常よりも高めに設定されているところがほとんどです。
料金表をよく見て確認するようにしてください。

また、学生割引やシニア割引などキャンペーンをしているところもあります。
いずれにしても、手術方法と合わせて、料金は事前に、クリニックの現場で確認しましょう。

たまに、法外に包茎手術を安い値段を設定しているクリニックもありますが、これだけ包茎手術の料金の相場が決まっている中で、格安料金を提示するところは、大抵仮性包茎の値段の場合です。

包茎手術の費用はもちろんのこと、出来上がりの効果が満足度を大きく左右します。
事前に同意書に以下のことが明記してあるか、特に注意して確認してください。

①基本料金に含まれるもの

②オプション料金になるもの

③出来上がりに納得いかない場合の受診料・修正費用の免除有無

悪徳な保険適用が効かない医院では、処置台の上で陰茎丸出しの状態で費用を伝えて決断をせまられることもあるそうです。
確認したいことは事前にメモにしておくなど、術前にしっかり確認して、コンプレックスを解消してください。

包茎クリニックのサービスは、年々向上しています。
たった一度のことですので、保険適用の有無だけで判断せずに、露茎を目指していただきたいと思います。