遺伝子

「おれが包茎なのは、親父のせいだ!」

親が包茎で、自分も包茎。

こんな場合は、親からの遺伝だと思いたくなるでしょう。

また、父親が包茎で、自分も剥けないままでいると、不安になる子供も多いはず。

真相を知るべく、ネットで調べると、「遺伝するよ」「遺伝しないよ」「隔世遺伝するんだよ」などのいい加減な声ばかり。

そこで、このページでは、医学的な視点から、包茎は遺伝するのか、詳しく解説していきます。

安心してください。医学的には包茎は遺伝すると証明されていません。ただし・・・

 

医学的には、包茎(包皮の長さ)は遺伝しないという見解です。

親が包茎でも、子供に遺伝することはありません。

ただし・・・!

包皮の長さは遺伝しませんが、ペニスの大きさは遺伝する可能性があります。

つるりん(涙)

親のペニスが短小だと、子供も短小になる可能性があるのか。
短小だと包茎にもなりやすいよなあ。

包茎の原因は遺伝ではなく、剥く習慣があるかがポイント!

剥く

男性は、自慰行為を覚えると、包皮を剥く習慣がついてきます。

シコシコと亀頭を刺激することで、徐々に亀頭と包皮の癒着がとれて露茎していきます。

いちど剥けてしまえば、ペニスを清潔に保つことができます。
女性とのセックスも何の問題もなくできるでしょう。

問題は、勃起したペニスより、皮のほうが長い子供です。
短小に多いケースですが、亀頭の刺激で気持ちよさを感じるのではなく、あまった包皮で快感を覚えてしまいます。

なかには、床にペニスを押し付けたり、包皮を中心に刺激する特殊な自慰行為を覚える子供も。

そうすると、亀頭と包皮の癒着はとれないまま、大人になってしまいます。

大人になって真性包茎の人の特長は、学生の頃に、包皮を剥く自慰行為をしてこなかった人が多いと言われています。

その背景には、親のペニスを見て、剝けていないのが正常と勘違いしてしまった子供時代があるのは、容易に想像ができます。

ペニスの成長が止まってしまった成人になってから、剥くのは大変です。
このような誤解を子供がしないように、親は適切な対処が必要です。

対策は、子供を小さいうちから大浴場に連れていくこと

父親が包茎の子供は、親のペニスを見て、包茎が正常だと勘違いしています。

将来子供に、「親の包茎が遺伝した」と言われたくないなら、子供が自慰行為を覚える前の、小学生低学年のうちから、大浴場に連れていきましょう。

子供は、数多くの大人のペニスを見ることで、剝けているのが普通だと理解します。

包茎の辛さを子供にまで体験させるのは、酷な話。

他の大人の露茎したチンコを見せることが、包茎の親のつとめです。

包茎と遺伝についてまとめ

いかがでしたでしょうか?

医学的には、包茎は遺伝するとは証明されていません。

大事なことは、正しい自慰行為の習慣を、若いうちから覚えさせることです。

日本人の大半は仮性包茎だと言われています。
そして、真性包茎の確率は、100人にひとり。

をのひとりに子供が入らないように、父親は、子供の成長を見守ってあげましょう。

仮に、高校、大学に入っても、子供の包茎が解消されていなければ、包茎手術を学割で受けられます。

医療も発展していますので、前向きに対処する方法を選択してください。