子供の包茎

子供の包茎

こどものおちんちんを見ると、亀頭が包皮におおわれている状態です。
ムキムキに剥けているという子供はいません。

たいていの場合、そのままでも排尿に影響がないため、日本では、こどもの包茎手術は普及しておらず、大人になれば自然に包茎も治るだろうと楽観的に考えている風習があります。

海外では、こどものうちに、余分な包皮を切ってしまう割愛という文化があり、その文化を知っている親御さんは、こどもが大きくなる前に、対処したほうがいいのではと考えている人もいるそうです。

日本では、幼いうちに子供の包茎を治療する文化はありませんが、子供の包皮が異常に長くて、おちんちんと包皮のバランスが著しくアンバランスなときには、子供のうちから治療をしたほうがいいのと悩む親御さんも増えてきているそうです。

また、ひとり親で子供を育てているお母さんは、包茎について認識がありませんので、どうしたらいいのかわからないようです。

「何歳までにむかないとダメ!」という正解はありませんが、このページでは、子供の包茎について詳しく取り上げたいと思います。

子供のおちんちんの成長過程

こどものオチンチンは、おおよそ、10歳以降(小学校高学年)に変化が起こります。
陰毛もこの時期から生えてきます。
そして、このころから、いわゆる朝立ちや初めての射精を経験していきます。
そして、自慰行為を覚えることで、亀頭と包皮の癒着が徐々にはがれていきます。

ここで、気を付けたいことは、自慰行為のやり方を間違えている子供です。
ベッドや床にこすりつけて、自慰行為をすると、包皮と亀頭の癒着がはがれにくいため、大人になって包茎になりやすいのです。
今は、インターネットでなんでも情報がわかりますので、こどもの自分で学習すると思いますが、もし、そんなこどもを見つけたら、親は恥ずかしがらずに、正しい自慰行為を教えてあげましょう。

一般的には、小学生の高学年から中学校の卒業までには、包皮がむける経験をしていきます。
もちろん、高校生になってから皮をむいたという話も聞きますし、個人差はありますが、16歳までには包皮をむけるようにしておきたいところです。

子供への包茎の教育は、お風呂場や銭湯が最適

お風呂

小さいうちは、みんな、亀頭に包皮がかぶっています。
そのため、ペニスは、包皮がかぶっているものが正常であると、子供は勘違いしているかもしれません。
父親のいる子供なら、お父さんと一緒にお風呂に入ることで、成人男性のペニスをみることができます。
そして、大人になったら皮はむけるものだと自然に学習していきます。

ただし、父親のいない家族では、見本がいません。

その場合は、お母さんが
「お風呂場で、恥垢(ちこう)がたまって不潔にならないように定期的に洗いなさいよ」
と子供が小さいうちから、教えてあげましょう。

また、大浴場や銭湯に子供を連れていけば、成人男性の露出した亀頭が自然と目に入ってきます。
包茎の教育のためにも利用するといいと思います。

16歳以上になって、息子が包茎だと気づいたら

16歳以上になると、子供は自分のペニスを親に見せないものです。
ですので、親が子供の包茎の状況を判別するのは難しいものがありますが、もしも、高校生になっても包茎であることに気が付いたら、適切なアドバイスをするのが親の務めです。

未成年は、親の承諾がないと包茎治療を受けられません。
親が承諾することで、包茎クリニックや泌尿器科で治療ができます。

子供がひとりで悩んだ結果、親に相談して包茎手術を受けるケースは、ほとんどありません。
余分な包皮を切らないまま、成人を迎えるケースが大半でしょう。

このようなことにならないために、息子の包茎を確認したら、学割があるうちに、治療することをすすめるようにしてください。
親御さんも金銭的な負担が少なく、子供の包茎コンプレックスを解消できます。

ある程度の年齢になったら、「亀頭を完全に露出できない状態は包茎だよ」と子供に教えてあげてください。

それでも心配なときは、専門クリニックに相談して解決しましょう。
以下は、私の包茎クリニック体験談です。

 

 1位

ABCクリニック

ABCクリニック

 2位

上野クリニック

東京上野クリニック

 3位

本田ヒルズタワークリニック

 4位

東京ノーストクリニック

東京ノーストクリニック

 5位

中央クリニック

中央クリニック

6位

エーツー美容外科

エーツー美容外科