海外の包茎手術はどんな感じ?諸外国の事情を調べてみました。

世界の包茎

つるりん

包茎を取り巻く環境は、お国柄によって随分と違う様子。
国によって、価値観や考え方が違うように、男の下半身の悩みも、国によってさまざま。
今回は、日本と包茎の受け止め方が違った国を、紹介したいと思います。

アメリカの包茎治療の事情は?

アメリカ普及率

アメリカでは、包茎であることのデメリットが社会的に浸透しています。
宗教的な信仰心とも関係していて、赤ちゃんが生まれた直後に、包皮を切る”割礼”が一般的になっています。
9割以上の男子が、生後直後に余分な包皮を切る文化があるのがアメリカです。

そのため、成人しているアメリカ人の包茎男子率は、ほぼ0%。

2000年以降になると、割礼は、赤ちゃんの人権を侵害しているとの声が広がり、今では、生まれた直後に余分な包皮を切る習慣は薄まり、2人に1人が割愛を受けるまで落ち着いているようです。

しかし、包茎が引き起こす、男性の陰茎ガン・女性の子宮ガンのリスクについては関心が高く、割礼については、賛否両論の状態です。

割愛をしないと、ペニスに恥垢がたまりやすく、女性には耐えられない臭いを出します。
一度でもこの臭いを経験した女性は、トラウマになるとの口コミもあるくらいですが、ハリウッドセレブのキャメロンディアスが、割礼について反対のコメントを表明し、日本でも話題になりました。

生まれて間もない赤ちゃんに切開手術をするのを危惧している発言のようですが、生まれた直後に余分な皮を切る割礼は、世界各地でおこなわれています。

韓国の包茎事情は?

韓国

韓国は、今や美容大国。
美容整形が当たり前になっていることもあり、ペニスの見た目にもシビアにこだわるお国柄です。

美容整形が流行る前は、国民の2割くらいが下半身のケアをしていたそうです。

しかし、今では韓国の若年層では、なんと91%の男性が、包茎手術を受けています。

日本では、仮性包茎は清潔にしていれば大丈夫といった認識がありますが、韓国は違います。
仮性なら、余分な包皮を切除して、見た目をキレイにするのがマナー。
包茎治療しない9%の男性は、はじめから見事に露茎していて、包茎手術をする理由が見当たらない人のようです。

ヨーロッパの包茎治療の事情は?

アメリカや韓国と違い、ヨーロッパでは、下半身をケアする文化はありません。

包皮は、亀頭を守るものだと認識されていて、温泉で無理に露茎状態にすることもなく、人前でも堂々としています。
また、ヨーロッパのAV男優には、かぶっている男性俳優もいるとのこと。

デンマークやスウェーデンで、治療する男性の割合は、わずか1~2%です。

ヨーロッパ諸国では、生まれたままのナチュラルペニスを尊重する風潮があります。

ヨーロッパの彫刻を見ても、包茎のまま表現しているものが多く、清潔にしていれば仮性でも真性でも大丈夫という認識があるのだと思います。

海外の包茎治療の事情を調べてわかったことは?

今回、海外の事情を調べた結果、かなり国ごとで、包茎に対する考え方が違い驚きました。

私は長年日本で、コンプレックスを抱えていましたが、生まれた国が違えば、包茎で悩むこともなかったのでしょうか?

私は、いくら清潔にしても、時間がたつとチンカスが増し、排尿後は、包皮に臭いがつき、不潔そのものの自分のペニスに嫌気がさしていました。
ですので、治療して後悔する気持ちはありません。

今、包茎で悩んでいるけれど、なんらかの理由で手術ができない人は、包茎の受け止め方は世界で違うということを知っておくだけでも、心の救いになるかもしれないですね。

包茎手術体験記【実録】

 

 1位

ABCクリニック

ABCクリニック

 2位

上野クリニック

東京上野クリニック

 3位

本田ヒルズタワークリニック

 4位

東京ノーストクリニック

東京ノーストクリニック

 5位

中央クリニック

中央クリニック

6位

エーツー美容外科

エーツー美容外科