包茎クリニックといえば、包茎手術かペニス増大の治療が人気です。

しかし、近年、包茎クリニックのED治療に注目が集まっています。

EDとは、男性機能不全のことです。
勃起したくてもできない理由に、動脈硬化などによる身体的なものと、精神的なストレスからくるもの、年齢によるものなどがあります。

そして、上野クリニック、ノーストクリニック、ABCクリニック、エーツー美容外科などが、ED治療を診察に取り入れて、バイアグラ、レビトラ、シアリスなどを処方しています。

海外直輸入する以外、医療機関でしかED薬は手に入れられませんので、需要は高まっています。

なぜED男性は、包茎クリニックでED薬を買っているのか?

看護婦

ED患者が泌尿器科に行かない理由のひとつは、受付に、女性の看護婦がいるからです。

プライドのある男性には耐えられないでしょう。

その反面、包茎クリニックは、男性スタッフのみで運営されているので安心です。

また、もうひとつの理由に、泌尿器科は待ち時間が長く半日つぶすこともあるのに対して、包茎クリニックは、完全予約制で待ち時間なく、評判も上々です。

包茎クリニックでED薬をもらう流れ

処方箋

包茎クリニックで、バイアグラなどの勃起促進薬を購入するには、事前予約が必要です。

処方されるまで5分程度なことから、当日予約もOK。
買いたい時に電話して気軽に行けるのが特徴です。

初回購入時には、長めに時間をとってくれて無料カウンセリングもしてくれます。

いちど通院すると、会員カードがもらえたりしますので、二回目以降は、よりスムーズに購入できます。

ED薬を処方されない方もいます。

以下に該当する男性は、バイアグラ、レビトラ、シアリスなどが禁止されています。

バイアグラを飲んで、薬剤アレルギー反応が起きたことがある

肝臓病を患っている

心筋梗塞や脳梗塞を経験している、またはそれが疑われる男性

ほかのEd治療薬を使っている

ペニスに病気がある

極端な低血圧、高血圧

網膜色素変性症の方

そのほか、血が止まりにくい病気など

 

包茎クリニックでは、初回診察時に、いろいろと診断してきます。
大丈夫な男性だけに、ED治療薬を処方されます。

上記に該当する男性は、肝心のED治療薬をもらえませんので、気を付けてください。

包茎が原因でEDになるこわい話・・

包茎で男の自信を失い、精神的なストレスでEDになる男性もいるようです

こういったときにも、包茎クリニックは頼れる存在になります。

包茎コンプレックスが原因で、心因的な勃起不全になっている男性には、包茎手術のビフォーアフターの写真を見せれるのが、包茎クリニックの強みです。

Ed治療の患者にたいして、ペニスを診察することはありませんが、包茎がストレスでEDになっているかもと自覚している男性は、カミングアウトすることをおすすめします。

以下は、私が包茎手術で数々のクリニックに足を運んだ体験ランキングです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ランキング